言語聴覚士になるためのルート

  • 言語聴覚士になるためのルート

    • 話す、聞く、食べるなど言葉によるコミュニケーション能力や嚥下能力に障害がある方の社会復帰を様々なアプローチでサポートするのが言語聴覚士の仕事ですが、この仕事はなろうと思ったら今すぐになれるというわけではありません。



      なぜなら、言語聴覚士は厚生労働省が定めている国家資格の一つですので、毎年一回行われている国家試験に合格しなければ、その資格を得ることが出来ないからです。

      チャイルドマインダーの資格情報の失敗しない選び方を紹介します。

      またこの国家試験を受験するためにも受験資格が設けられていますので、まずきちんとした勉強を積む必要があります。

      合宿免許に関しての情報が閲覧できます。

      では、国家試験の受験資格を得るためにはどうしたらいいのでしょう。


      まず受験資格を得るためには、いくつかのルートがあります。
      一つ目が、高校を卒業した後、文部科学大臣が指定している大学が厚生労働大臣が指定する養成所に入学して、そこで必要な知識と技能を習得するというルートです。

      基本的にこの場合は、卒業までに3年から4年かかることとなります。

      独自のシステムで言語聴覚士の様々な相談を受けることができます。

      また一般の4年制大学を既に卒業している方が言語聴覚士を目指す場合は、2年生の専修学校に入学して、必要な勉強をすることとなります。
      二つ目は、高校卒業後に国が指定した専門学校へ進学するルートです。



      この場合は、選んだ専門学校によって通学期間が変わりますが、基本的に最も最短で国家試験の受験資格を得ることが出来ます。最後に特殊なルートとしては、外国の大学で言語聴覚士に関する学業を修めたような場合があります。



      この場合は、厚生労働大臣の審査、認定を受けることによって受験資格を得ることが出来ます。



      このように言語聴覚になるためのルートはいくつかありますので、自分に最も適したルートで目指すことが重要です。



  • 関連リンク

    • 言語聴覚士は、聴覚機能、音声機能、言語機能、嚥下機能に何らかの障害がある方の、機能向上のための訓練や助言、指導や援助を仕事とする職業です。伝音性難聴や感音性難聴など、聴覚機能に障害がある場合は検査や訓練、補聴器のフィッティングなどを行い、言語獲得期の幼児が対象である場合には言葉の獲得のサポートもします。...

    • 言語聴覚士になるためには、法律で定められた教育課程を養成学校で受け、卒業した上で国家試験に合格する必要があります。養成学校を卒業しても、試験に合格しなければ、言語聴覚士の仕事をすることはできません。...